/

この記事は会員限定です

「県民割」再開、少人数飲食… 感染対策と経済両立模索

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が20日をもって山口や沖縄など5県で解除された。各県は飲食店の少人数利用などを引き続き呼びかける一方、県民限定の観光キャンペーンの再開など経済活動の活性化も模索する。感染対策を講じつつ、打撃を受けた飲食店や観光産業をどう立て直すかが問われる。

5県では21日から飲食店への営業時間の短縮要請がなくなった。酒類を提供する居酒屋なども通常営業が可能になる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン