/

この記事は会員限定です

賢い配車で過疎地の足 日産、原発被災の福島で勉強中

東北6県 気になる現場

[有料会員限定]

日産自動車が人工知能(AI)で運行を管理するスマートモビリティーのサービス構築に挑んでいる。舞台は原子力発電所事故で居住人口が激減した福島県浪江町。過疎地の住民の足となるビジネスモデルをつくり、将来の全国展開を目指す。

東京電力福島第1原発から最短で約4キロの浪江町は事故後、全町民の避難を強いられた。2017年3月末、放射線量の高い帰還困難区域を除く区域で避難指示が解除されたが、居住人口はいまも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン