/

静岡県、物価高騰対策などで5月補正予算案 25億円

静岡県は19日、一般会計25億円の5月補正予算案を発表した。物価高騰や新型コロナウイルスの感染拡大への対策を盛り込んだ。財源は国庫支出金を活用する。20日開会の県議会に提出し可決、成立を目指す。

原油価格・物価高騰の緊急対策に3億円を計上し、低所得のひとり親世帯への特別給付金を支給する。支給額は児童1人あたり5万円にする計画だ。生活困窮者のための自立相談支援機関の体制も強化する。6月には原材料価格の高騰の影響を受ける企業を対象にした支援策も別途、検討するという。

感染が依然収束しない新型コロナへの対策には22億円を充てる。高齢者などへの4回目のワクチン接種や、検査体制の充実など、幅広い事業を計画している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン