/

この記事は会員限定です

つくば市拠点に防災への取り組み加速 先端技術を活用 

[有料会員限定]

茨城県つくば市を拠点に減災・防災への取り組みが加速している。水素燃料電池車(FCV)を災害時に電源として使う試みや、同市を中心に遊休地を防災拠点として整備する計画が始動。防災科学技術研究所(つくば市)は新会社を設立、減災ソリューションビジネスに乗り出した。先端技術を防災に生かす試みが本格化する。

1月下旬、つくば市内の茨城県立つくば特別支援学校に、近未来を思わせるデザインのバスが到着した。トヨタ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン