/

浜松いわた信金、起業家育成プログラム 9月から

浜松いわた信用金庫(浜松市)は起業家育成プログラム「チャレンジゲート」を9月から始める。起業を志す人や起業して間もない経営者らを対象に、経験者が新規事業の立ち上げを支援する。2022年3月にコンテストを開いて事業の目新しさや収益性を競う。8月31日まで応募を受け付ける。

静岡県西部に住む起業家や事業所を置く創業5年以内の経営者らが募集の対象。事業アイデアを考えて応募し、2回の審査を通過すれば11月から起業経験者や専門家の指導を受けられる。4カ月にわたって事業アイデアを練り上げ、資金調達の方法なども身につける。

SDGs(持続可能な開発目標)の考え方に沿った事業を支援する部門も用意した。

チャレンジゲートは19年に初めて開き、今年で3回目。旧浜松信金時代にも起業家の育成プログラムを実施していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン