/

この記事は会員限定です

北信越の介護給付 石川・かほく市、筋トレで増加抑制

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越5県の市町村では、高齢者1人当たりの介護給付費を減らした自治体はなかった。ただ、2018年度の介護給付費をみると、01年度比で増加率が小さかったのは北陸勢が中心だった。上位は石川県の自治体が並んでおり、筋力トレーニングなど介護予防の取り組みなどで金額の増加を抑え込んでいる。

データで読む地域再生

石川県かほく市は1人当たり25.8万円で、10%の増加にとどまった。力を入れているのが老人クラブなど住民主体での運動だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン