/

この記事は会員限定です

横浜銀行・千葉銀行、SDGsを新たな広域連携の呼び水に

横浜銀・千葉銀 提携3年の現在地(下)

[有料会員限定]

脱炭素社会やSDGs(持続可能な開発目標)に対応した経営が求められるのは大企業だけではない。地域の中小企業も対応を迫られ、横浜銀行と千葉銀行は取引先のSDGsへの取り組みを後押しする融資を強化してきた。6月には初めて両行が協調してSDGs融資の大型案件を獲得。他行を含めた新たな広域連携も視野に入れている。

4月、武蔵野銀行が提供を始めた「SDGsフレンズローン」は、横浜銀が開発し2019年に取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン