/

JFEエンジ系のバイオマス発電所、仙台市で事業開始

JFEエンジニアリングなどが出資する東北バイオフードリサイクル(TBFR、仙台市)は18日、食品廃棄物を使った発電プラントの事業開始を発表した。JR仙台駅など駅ナカや事業者から日量最大40㌧の食品廃棄物を受け入れ、発生したメタンガスで発電。一般家庭1500世帯分に相当する年間6500メガワット時の発電量を見込む。

TBFRはJFEエンジニアリング子会社のJ&T環境や東京ガスJR東日本などが共同出資して2019年11月に立ち上げた。仙台市郊外の蒲生地区にあるプラントは20年9月に着工し、21年11月に完成。2月から段階的に稼働していたが、18日に本格的に発電を始めた。

同発電所では、宮城県の自治体や出資会社であるJR東の駅ビルなどで発生した食品廃棄物を集め、微生物を使ってメタンガスを発生。発電した電力は東北電力に売電するとともに、一部はJFEエンジ系の新電力、アーバンエナジー(横浜市)に卸す。年間に3000㌧規模の二酸化炭素の排出減につながる。

今後は、メタンガスを発生させた後に残った「発酵残さ」を肥料化するなどし、農地で活用する事業を進める計画。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン