/

ハチバン、金沢にカフェ1号店 居酒屋店舗を活用

ラーメンチェーンのハチバンは、初めてとなるカフェ業態の店舗1号店を金沢市内に開いた。居酒屋ブランドの「八兆屋」の一部をカフェ店舗に分け、コーヒーやほうじ茶などのドリンクやケーキを提供する。コロナ禍で客離れが続く居酒屋業態を変え、減少する売り上げのカバーを狙う。

店舗名は「八兆菓寮」。場所は八兆屋石川県庁前店の2階部分を活用した。客席はすべて座敷で、約30席ある。営業時間は午前11時から午後5時まで。フリーの無線Wi-Fi(ワイファイ)を備え、短時間のリモートワークや商談の場としての利用も見込む。

商品はオリジナルのクラフト飲料やカクテルを取りそろえる。期間限定で能登の農園から仕入れたブルーベリーを使ったかき氷(1100円)を販売する。今後は地元の生産者や和菓子職人とともに商品の開発も視野に入れる。

カフェ業態で目指すのはブランドイメージの転換だ。広報担当者は「八兆屋はお酒を飲む居酒屋のイメージがあるが、食事どころやカフェといった分野にも裾野を広げたい」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン