/

3回目接種、LINEでキャンセル待ち 神奈川県が19日開始

神奈川県は新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種に関連し、余剰ワクチンを希望者に振り分けるシステムを稼働した。18歳以上で事前に対話アプリ「LINE」を通じてキャンセル待ち登録をした人で、対象となる自治体の住民が利用できる。ワクチンの廃棄を避け、接種の加速に役立てる。

「ワクチンキャンセル枠有効活用システム」の登録受け付けを19日に始めた。あらかじめ県のLINEアカウント上でキャンセル待ちを登録しておくと、余剰ワクチンの状況を対象地域の希望者に通知し、先着順で予約を受け付ける。県によると、同システムは1~2回目のワクチン接種が進み2021年12月下旬に休止したが、3回目専用としてシステムの利用を再開することとしたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン