/

この記事は会員限定です

きらやか銀行次期頭取 苦戦の資産運用はSBIと挽回へ

(更新) [有料会員限定]

じもとホールディングス(HD)傘下、きらやか銀行の新頭取に24日付で就任する川越浩司取締役は日本経済新聞の取材に対し、2021年3月期決算で12期ぶりの最終赤字となったことを受け「中小企業の本業支援を強化する」と述べた。赤字決算の主因だった有価証券運用はSBIホールディングスとの連携を深める考えを示した。

川越氏は新型コロナウイルス禍で経営が苦しい中小企業の支援強化に向け、現在約270人の渉外担当を、支店統廃合などで2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン