/

瀬戸大橋が利用2億台突破

岡山県倉敷市と香川県坂出市を結ぶ瀬戸大橋の利用台数がこのほど累計2億台を突破した。瀬戸大橋は1988年4月開通。1億台突破は20年後の2008年7月だったが、2億台は1億台到達から約13年で達成した。

09年3月からの一時期、高速道路の通行料が1000円に引き下げられ、さらに自動料金収受システム(ETC)導入などで通行料が下がって利用台数が増大。19年度は1日平均台数が最多の2万3000台に上ったが、新型コロナウイルス感染拡大で今年4月―9月末では平均は1万7600台に落ち込んでいる。

本州四国連絡高速道路(本四高速)が16日開いた記念イベントでは通行者1組に記念品が贈呈された。同PAでは年内いっぱい、記念のパネル展を開く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン