/

東京都の豊洲市場など、一般見学を再開へ 3カ月半ぶり

東京都は25日から、豊洲市場(東京・江東)など中央卸売市場の一般人向け見学を約3カ月半ぶりに再開する。セリの様子が見られる見学用通路を再開するほか、PRコーナーなどの来場者用施設も開館する。豊洲市場のマグロのセリ見学は1日当たりの受付人数を従来の約4分の1に減らした上で、6月2日から実施する。

都は新型コロナウイルス感染拡大を受け、都が管理する11の市場の見学を1月11日から中止していた。再開にあたり来場者には入り口での検温やマスクの着用を求めるほか、混雑時には入場規制を行う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン