/

周南市議会、徳山大学の公立化議案を可決

山口県の周南市議会は18日、徳山大学公立化の関連4議案を可決した。この結果、徳山大学の名称を「周南公立大学」に変更した上で2022年4月に公立大学として開学することが事実上決まった。周南市は今後、公立大学法人設置の認可を県に申請し、徳山大学は大学設置者変更の認可を文部科学省に申請する。

可決したのは、周南公立大学の定款制定や財産出資などの4議案。これを受けて周南市と徳山大学は来年4月の公立化や24年4月の看護学科新設など学部再編に向けた準備を本格化する。市議会終了後、藤井律子市長は報道陣に「このまちにとって大学があることの価値はとても大きい。人口減少が進む中で大学の力を活用しながら、一緒にまちづくりに取り組んでいきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン