/

この記事は会員限定です

地銀、アボカド栽培やコラボ商品 金利以外の収益源探る

地域金融の現場から 縮む地盤と向き合う(下)

[有料会員限定]

国内の超低金利が長引き、地銀が手掛ける融資の利ざやは縮んでいる。収益を融資に頼っていては、将来の先細りは避けられない。従来の銀行業を補完し、金利以外の収益源を見いだそうと各行は手探りしている。

宮崎市内を通る東九州自動車道の宮崎西インターチェンジの近くに、アボカドを栽培する温室ハウスがある。宮崎銀行と関連会社が設立した農業法人、夢逢いファームの農場だ。

宮崎は全国有数の農業県だが、生産者の高齢化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン