/

この記事は会員限定です

「宮前メロン」に「多摩川梨」 川崎市、ブランド農産物好評

ふるさと納税 わがまちの逸品

[有料会員限定]

京浜工業地帯の中心である川崎市だが、江戸時代は江戸に暮らす人々の胃袋を満たす農業地帯だった。今も市北部では様々な野菜や果物が栽培されており、農地の面積を合わせると東京ドーム約120個分にのぼる。

都内、横浜市といった近隣の自治体の住民や市出身者から好評な返礼品が農産物だ。関連の加工食品などを含めると、年間約250件の寄付がある。「直売や観光農園などで一度は食べたことのある人が申し込んでいるのでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン