/

鳥取県、温暖化ガス削減目標引き上げ 13年度比60%に

鳥取県は2030年度の温暖化ガス排出削減目標を引き上げ、13年度比60%とする方針を決めた。従来は同40%減を目標としていた。政府が4月に削減目標を大幅に引き上げ、13日には第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)が産業革命前からの気温上昇を1.5度以内に抑える努力を追求するとしたことを受けた。

県は17日に県内の経済団体や消費者団体などからなる「とっとり環境イニシアティブ県民会議」を開催し、脱炭素社会の実現へ向けた取り組み方などを議論した。重点的に取り組む内容として、住宅やオフィスビル、工場などへの太陽光発電設備導入や、電動車への乗り換え促進などを挙げた。行政としても、県有施設への太陽光発電やEV導入、山林での皆伐再造林、DXを活用した生産性向上支援などに取り組むとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン