/

小池都知事「コロナが最優先」 都議選対応を明言せず

東京都の小池百合子知事は18日の定例記者会見で、25日告示(7月4日投開票)の東京都議選に関し「新型コロナウイルスにどう対応していくかが最重要課題だ」と述べた。東京は国際競争のまっただ中とも指摘し「しっかりと対応できる方々にはエールを送りたい」と話すにとどまった。

小池氏は地域政党「都民ファーストの会」の特別顧問を務める。1月の千代田区長選では都民フ推薦の候補者を応援した。都議選で都民フの候補者の応援に入る予定があるか聞かれた小池氏は「今はコロナ対策まっただ中。1月と違う状況であることも踏まえて判断する」と述べた。

都議選2021

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン