/

福島原発の処理水放出、茨城知事「安全確保に万全を」

東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出計画について原子力規制委員会が18日に事実上の合格証となる審査書案をまとめたのを受け、茨城県の大井川和彦知事は関連設備の安全確保に関して万全の措置を求めるコメントを発表した。政府に対して「東京電力の指導・監督を強くお願いしたい」とした。

県はこれまで処理水の処分計画について丁寧な情報提供や風評被害対策を条件に容認姿勢を示しているが、県内の漁業関係者からは反対意見が強い。知事は政府に対して「引き続き関係者への丁寧な説明を行うとともに、関係者の意見に対する具体的な対応をお願いしたい」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン