/

この記事は会員限定です

埼玉・狭山茶の産地からフレーバー茶やビール 顧客開拓

[有料会員限定]

京都・宇治、静岡と並ぶ三大銘茶、埼玉県の狭山茶の生産地で、お茶の客層拡大を狙った新商品開発の動きが活発化している。狭山茶は味や香りの評価は高いが、ペットボトル飲料の普及などで生産量は減少が続く。産地は産官学で連携するなどし、幅広い世代が気軽に飲める商品を生み出そうとしている。

狭山茶の最大の産地、入間市は2021年、日本薬科大学(埼玉県伊奈町)やNTT東日本と共同で狭山茶のフレーバーティーを開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン