/

この記事は会員限定です

茨城・笠間に台湾から友情のバナナ コロナ下で絆確認

[有料会員限定]

台湾の対日外交の窓口にあたる台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表らが18日、茨城県を訪れ、笠間市に台湾バナナ300本を贈呈した。これに先だち謝代表らは大井川和彦知事と面会。コロナ禍で人の交流が制限される中、友好関係の維持を確認した。

笠間市に贈られたバナナは同日、市立宍戸小学校の給食で提供された。贈呈式で山口伸樹市長は「コロナが収束すれば台湾の方を迎え入れて交流を深める」と強調。謝代表は「互いの文化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン