/

東京都交通局、都営地下鉄の駅構内のゴミ箱を撤去へ

東京都交通局は18日、都営地下鉄と新交通システム「日暮里・舎人ライナー」の駅構内に設置しているゴミ箱をすべて撤去すると発表した。5月9日の始発から構内のゴミ箱が使えなくなる。利用者にはゴミの持ち帰りを呼びかける。

交通局は「駅員が常にゴミ箱を監視できるわけではない。テロなどへの対応を強化するため全面撤去に踏み切る」としている。自動販売機に付属するペットボトルなどのリサイクルボックスは引き続き利用できるという。

テロ対策などを巡っては、交通局が2015年に中身の見える透明なゴミ箱を導入し、改札口にいる駅員の目が届く範囲に設置した。オリンピックなど国際的なイベントの開催時には一時的に撤去した。

同局によると、21年度は駅員が排出した分を含め約200万キログラムのゴミが排出された。収集運搬などにおよそ1億円の費用がかかったという。

駅構内のゴミ箱の撤去は、ほかの鉄道各社も進めている。東京地下鉄(東京メトロ)は22年1月に撤去し、小田急電鉄は3月に「テロ・防災対策などを総合的に勘案し」撤去した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン