/

この記事は会員限定です

「幽霊病床」解消できるか 医療体制、問われる即応力

ウィズコロナの現場(3)

(更新) [有料会員限定]

「かなり落ち着いている時だからこそ、しっかり研修する」。兵庫県知事の斎藤元彦は力を込める。ふだんは兵庫県庁の本庁や出先機関で働く職員1000人に対し、29日から保健所業務の研修を始める。新型コロナウイルスの感染が急拡大した場合は「1000人規模で保健所にドンと投入する」。

第5波までは感染者の急増に保健所が対応しきれず、入院調整などの業務が遅れるケースが全国で相次いだ。兵庫県は第5波でも応援体制を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン