/

この記事は会員限定です

静岡の茶農家、多様化で生き残り探る 紅茶など生産

[有料会員限定]

静岡県内の茶農家が紅茶やジャスミン茶など多様な茶で新たな商機を探っている。同県は高品質な茶の生産地として知られるが、ペットボトル飲料が伸びるなどの市場変化に取り残されており、新たな生き残り策が必要なためだ。緑茶と異なり茶の栽培のほか加工や販売まで自ら手掛けてブランド化し、採算の良い収入源に育てる。

カネ十農園(牧之原市)は3月に静岡県産のジャスミン茶を発売する。売り出すのは2キログラム限定。牧之...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン