/

お試し移住はいかが 高知市経て田舎へ、家族連れ呼ぶ

データで読む地域再生 まとめ読み

2022年2月18日に公開したシリーズ企画「データで読む地域再生」では、各自治体の転入者数から転出者数を差し引くなどして算出した「転入超過率」を取り上げました。最新データの分析から浮かんできたのは、新型コロナウイルスの影響による人口の東京一極集中の変調と、地方への移住の増加です。転入超過に転じた自治体は、子育て世代を呼び込む絶好のチャンスととらえ、支援策に力を入れています。

高知市、「お試し移住」はいかが 慣れたら田舎暮らしへ 

静岡県東伊豆町、首都圏と2拠点生活 テレワークスペースも開設

長野県軽井沢町、転入超過率5.1% 幼小中一貫校に子育て世代

秋田県にかほ市、高卒まで医療費無料 行政が子どもと伴走 

京都府福知山市、子育て相談ワンストップ 「お試し住宅」安く

沖縄県東村、定住促進住宅整備に8億円 東京からも移住者

茨城県土浦市、手厚い住宅補助 サイクリングコースもPR

北海道訓子府町、子育て支援「満足」9割 移住補助金が充実

データで読む地域再生

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン