/

この記事は会員限定です

スズキ、創業精神再び 米国で得た「デザイン思考」力に

[有料会員限定]

スズキが米シリコンバレーに大量の人材を送り込んでいる。起業家を引き寄せる世界の先端で、挑戦する精神の醸成やイノベーションの手法を学ぶためだ。2017年秋に派遣を始めて以降、その数は約170人に及ぶ。電動化や自動運転など「100年に1度の大変革期」を自動車業界が迎えるなか、顧客視点の追求をエンジンに成長してきた同社の新たな挑戦が始まっている。

「スズキの社員が大勢、個人的に参加するらしい」。21年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン