/

この記事は会員限定です

埼玉県内の造園会社、若手経営者が改革をけん引

[有料会員限定]

埼玉県内の造園会社で若手経営者が中心となって事業改革に挑むところが増えている。専門性を高め次々と優良顧客を獲得したり、植木の輸出を主力事業に育てたり。公園などの公共工事の減少に加え、工場の植栽や個人宅の庭づくりの需要低迷で業界は厳しい環境にあるが、日本伝統のグリーンビジネスともいえる造園を新たな時代にも発展させようと挑戦を続けている。

日本三大植木産地の一つとされる川口市安行地区にある安行庭苑。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン