/

この記事は会員限定です

富山市長に藤井氏初当選 「コンパクトシティー継承」

[有料会員限定]

18日投開票の富山市長選で自民党などが推薦した元県議の藤井裕久氏(59)が初当選した。19年間市長を務め、23日に退任する森雅志氏(68)の後任となる。富山県は2020年10月の選挙で新田八朗現知事(62)が4期16年務めた前職を破って就任した。県知事と県の人口の4割を占める県庁所在地の市長の交代は、富山の大きな転換点になる。

藤井氏は新人4人の争いを制した。ある経済人は「森さんはビジョンを示して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン