/

経団連と東北経済連合会、科学技術で連携強化

経団連と東北経済連合会(東経連)は18日、仙台市で経済懇談会を開き、科学技術分野の連携を強化する共同宣言をまとめた。同市内で建設中の次世代放射光施設などのプロジェクトを進め、企業の参画により産業競争力を高める。

共同宣言では次世代放射光施設「ナノテラス」に加え、国際熱核融合実験炉(ITER)関連、福島イノベーション・コースト構想、次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の推進支援を掲げた。企業が積極的に参画し、日本の産業競争力を強化する。プロジェクト推進に向けた人材育成を通じ、イノベーション創出を後押しする構想も盛り込んだ。

ナノテラスについて経団連の十倉雅和会長は記者会見で「物質の反応プロセスを可視化できる素晴らしい施設。研究者が集まり起業化のきっかけになる」と期待を示した。東経連の増子次郎会長は「できるだけ多くの企業に使ってもらい、東北の活性化につなげたい」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン