/

この記事は会員限定です

職場接種開始、北関東3県も準備進む 医師確保など課題も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの職場接種が21日から始まった。北関東でもワクチンの早期接種と経済回復に向け、金融機関やサプライチェーンの裾野が広い卸業者などが厚生労働省への届け出をしている。群馬県は県営接種会場の一部を職場接種にも活用する。今後接種対象が65歳未満の働く世代にも広がるなか、官民の連携も求められる。

めぶきフィナンシャルグループでは傘下の常陽銀行と足利銀行がそれぞれ職場接種の申請をした。足利銀は子会社を含む行員、栃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン