/

JR東海社長、リニア工事巡り大井川流域首長と会談

JR東海の金子慎社長は18日、リニア中央新幹線の静岡工区未着工問題を巡り、工事による大井川の水量減少を懸念する流域市町の首長と静岡市内で初めて会談した。金子社長は「リニアは将来の日本のインフラを支える事業だが、流域の心配をそのままに工事を進めてはならない」との考えを改めて示した。

会談には島田市や川根本町など9市町の首長らが出席した。焼津市は欠席した。金子社長は冒頭、「水の問題を中心に大変心配をおかけしている」と陳謝。首長側からは、水量減少に関して安心できる説明を尽くす努力を求めたり、ルート変更も一つの選択肢として議論するよう求めたりする声が挙がったという。

静岡工区を巡っては、トンネル掘削に伴う大井川の水量減少を課題とする静岡県と、工事を始めたいJR東海との調整のめどが立たず、当初予定した2027年開業の延期が避けられなくなっている。国は20年春に水量の問題を検証する有識者会議を設け、議論を続けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン