/

フィリップス補聴器の低価格帯シリーズ発売

補聴器メーカーのデマント・ジャパン(川崎市)は19日、補聴器「フィリップス ヒアリンク」の低価格帯シリーズを全国の取扱店約300店舗で発売した。

2021年3月に発売されたフィリップス ヒアリンクは人工知能(AI)を使った音声処理技術を搭載し、騒がしい環境でも明瞭な音質で聞こえるのが特長。従来シリーズの価格が20万~40万円台だったのに対し、低価格帯シリーズは10万~15万円で販売し、顧客層の広がりを狙う。

軽度から高度・重度難聴まで対応する。従来シリーズにスマートフォンの通話時に補聴器のマイクが声を拾うため、両手が自由になる「ハンズフリー通話機能」を追加した。肌や髪の色に合うベージュ、グレー、黒など6色を取りそろえた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン