/

この記事は会員限定です

仙台市長選が告示 現新の女性2氏が届け出

[有料会員限定]

任期満了に伴う仙台市長選が18日告示され、いずれも無所属で、新人の元衆院議員加納三代氏(45)と再選を目指す現職郡和子氏(64)の女性2氏が立候補を届け出た。投開票は8月1日。

現市政の評価と、新型コロナウイルスで打撃を受けた地域経済の再建が争点。

2017年の前回選で旧民進や社民、共産各党の支援を得た郡氏は今回、特定政党に頼らない「市民党」を掲げる。

選挙事務所前の第一声で「コロナ収束後に都市間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン