/

この記事は会員限定です

産総研、新潟県上越沖メタンハイドレート開発で海洋調査

[有料会員限定]

産業技術総合研究所は、新潟県上越沖の日本海で表層型メタンハイドレート研究開発に関連する海底地盤の強度調査を始めた。海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」(5万6752トン)を使い、計4地点で海底を掘削し試料を採取する。生態系など環境への影響も調べるという。

調査対象は、上越市名立区から約40キロメートル北の日本海にある「上越海丘(かいきゅう)」と「海鷹海脚(うみたかかいきゃく)」と呼ばれる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません