/

この記事は会員限定です

越前焼に新境地、極薄の杯・ビアマグ… 司辻健司さん

拓き人 福井から

[有料会員限定]

平安時代末期から850年の歴史を持ち、瀬戸焼や備前焼などとともに日本六古窯の越前焼。福井県越前町産の土の特性を生かし、薄作りの新境地を開いたのが「光窯 司辻(かさつじ)陶房」(同町)の司辻健司(48)だ。杯などの酒器やビールのマグカップ、越前漆器とコラボレーションした時計など、極薄の陶器の可能性を追求する。

薄作りは、福井県工業技術センター(福井市)が2007年に開発した越前焼の新たな土が発端とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン