/

この記事は会員限定です

静岡大学浜松キャンパス、光学技術の先端拠点に

[有料会員限定]

静岡大学は、浜松キャンパス(浜松市)をイメージセンサーなど光学技術の最先端の研究拠点にするための環境整備に2023年度から取りかかる。博士課程向け奨学金制度の新設や、研究をけん引する優秀な研究者の招請、最新の研究設備の導入などを通じ、次世代のものづくり産業を担う人材育成体制を整える。

工学部や情報学部、電子工学研究所を擁する浜松キャンパスは22年10月に設立100周年を迎える。100周年記念事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン