/

この記事は会員限定です

木おけ醸造や花びら酵母、自然生かす工夫と敬意

酒紀行まとめ読み

[有料会員限定]
群馬県川場村の土田酒造は今年から、地元のスギで造った昔ながらの木桶(おけ)を日本酒醸造に使い始めました。福岡県朝倉市の篠崎は麦焼酎を木樽で長期熟成させることで、本場のモルトウイスキーと肩を並べる味を生み出しました。鳥取には桜の花びらから採取した酵母を使用するクラフトビールもあります。今回の酒紀行まとめ読みでは、酒造りに日本の自然やその産物を生かしてきた職人の工夫と敬意がこもっていることを実感させてくれる記事がそろいました。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン