/

気候変動に挑む八十二銀行 まとめ読み

八十二銀行の行方

八十二銀が地盤とする長野県は2019年の台風で、千曲川の堤防決壊などの被害を受けた(長野市、当時)

八十二銀行が変わろうとしています。人口減少だけでなく、気候変動という新たなリスクも浮上しています。自行だけでなく、取引先にも二酸化炭素排出削減を働きかけています。貸出業務が厳しいため、資産運用子会社も設立しました。変革に挑む八十二銀の行方を追いました。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン