/

この記事は会員限定です

中国5県の地銀、半数超が与信費用積み増し 22年3月期

[有料会員限定]

中国地方の地銀各行が融資先の経営破綻への備えを強化している。半数超にあたる5行が2022年3月期に「与信費用」を前期よりも積み増す計画だ。サービス業を中心に多くの取引先が新型コロナウイルスの影響を受けるなか、各行は資金繰りだけでなく、収益改善の支援が求められる。

与信費用は貸し倒れに備える引当金と、不良債権を処理した額などの合計。どれだけ計上するかは各行の判断によるところが大きい。海外の需要回復...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません