/

この記事は会員限定です

広島・呉で消えた高炉の火 流通は再編機運

中国地方の2021年②

[有料会員限定]

2021年、中国地方の製造業で大きな注目を集めたのは広島県呉市だろう。日本製鉄が瀬戸内製鉄所呉地区の高炉を9月末に止めた。およそ60年にわたって呉を照らし、産業の象徴であり続けた火が消えた。中国などとの競争激化に対抗するための日鉄のリストラ策の一環だが、これまで呉経済をけん引してきた重厚長大産業の限界を示すようだった。

呉地区では協力会社も含めて約3000人が働いていたが、高炉の停止によって半分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン