/

この記事は会員限定です

北信越の出生率、石川の市町が伸び率上位

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越5県で市区町村別にみると、2013~17年の合計特殊出生率が03~07年と比べて大きく伸びたのは石川県や福井県など北陸が中心だった。上昇幅が大きかった自治体は子育てや定住化への支援が充実しているほか、都市部に近くベッドタウン化したことによる人口増が寄与していることもうかがえた。

データで読む地域再生

厚生労働省がまとめた20年の出生率をみると、北信越5県では超少子化が危惧される1.5を上回ったのは福井と長野の2県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン