/

小田急ロマンスカーVSE、22年3月に定期運行終了

小田急電鉄は特急ロマンスカー・VSE(50000形)の定期運行を2022年3月11日に終了する。車両の経年劣化に加え、車体や主要機器の更新が難しくなるためという。定期運行終了後はイベントなど臨時の運行に限定し、23年秋ごろに引退する。引退後は車両の展示を検討している。

ロマンスカー・VSEは05年3月に箱根観光専用特急として2編成導入された。ドーム型の天井やシルキーホワイトの外観が特徴で、連続4メートルの窓など風景を楽しめる特急列車として親しまれてきた。2編成合計で600万キロ超を走行。約17年で2000万人超が乗車した。

同社は来年1月中旬から特設サイトを開設するほか、1月29日から記念乗車券を販売する。限定グッズなどの販売も予定しているという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません