/

栃木県、コロナ検査キットの配布対象年齢を拡大

栃木県は18日から、新型コロナウイルスの検査キットを無料配布する対象年齢を従来の20歳代から20~40歳代に広げる。陽性になった人が医療機関を受診せずオンラインで登録できる「陽性者登録センター」の対象も拡充し、医療機関の負担軽減を進める。

18日午前9時以降、これまで検査キットの無料配布の対象外だった30~40歳代で重症化リスクの低い軽症者も申請できるようになる。陽性者登録センターは、県の無料検査拠点や自主購入したキットで検査して陽性となった無症状者も新たに陽性登録の対象に加える。

患者の受け入れ体制の整備も急ぐ。県は17日、県南に50床を備える臨時の医療施設を開設し、同日から受け入れを始めたと発表した。県全体で確保している病床数は649床となった。県の病床使用率は17日時点で62%と足元では厳しい状況が続いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン