/

この記事は会員限定です

千葉が舞台の映画相次ぎ公開、スクリーンから魅力発信

[有料会員限定]

千葉県を舞台にした新作映画が相次いでいる。20日に香取市ゆかりの伊能忠敬を題材にした娯楽作「大河への道」が全国ロードショー。27日には船橋市立船橋高校吹奏楽部で受け継がれる応援曲を巡る実話を描いた「20歳(はたち)のソウル」が公開を控える。各地は地域発信や観光振興への波及効果を見込む。

松竹配給の「大河への道」は初の日本地図を作ったとされる伊能忠敬だが、没後に地図を完成に導いたのは実は――という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン