/

群馬大学、ウクライナの学生を2人受け入れ

群馬大学は17日、ロシアの軍事侵攻を受けたウクライナから、2人の学生を受け入れたと発表した。在日ウクライナ大使館を通して希望者を募った。2022年度まで受け入れる予定だが、状況を見て延長するという。

受け入れたのは、アンナさん(18)とマリアさん(17)。2日に単身で来日した。ウクライナではアンナさんが国際経営学、マリアさんが日本の歴史を学んでいたといい、2人とも群馬大学では共同教育学部に所属。すでに日本語学習や学部の科目の授業を受けているという。

今後、非常勤職員としてさらに1人を受け入れることが決まっている。このほか10人弱のウクライナ人学生や研究者から問い合わせがきているといい、受け入れについては今後、調整する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン