/

この記事は会員限定です

LRT南北接続や商業施設、富山駅周辺の基準地価けん引

点検 北陸の基準地価(下)富山

[有料会員限定]

富山市中心市街地の地価が堅調に推移している。2020年3月に富山駅を挟んで南北に分断されていた次世代型路面電車(LRT)の駅が統合され、利便性が高まり、駅前開発は南口で商業施設の建設が進むなど好材料がそろいつつある。

富山駅の南口、市内を走るLRTの南北接続で新しくできたホームを出ると、白色や灰色の様々なパネルが用いられた建物が見える。JR西日本系の会社が建設する商業施設だ。春ごろには見えなかった建物の姿も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン