/

島根・鳥取県、山陰の宿泊補助事業を一時停止

島根・鳥取両県は17日、山陰両県の宿泊補助などの誘客事業「#WeLove山陰キャンペーン」を一時停止することを決めた。同日発表した島根県の16日の新型コロナウイルスの感染確認は過去最多の118人となり、鳥取県も49人で感染拡大傾向にあるための措置となる。

停止期間は20日から31日まで(島根県民の鳥取県内の宿泊は20日から当面の間)。予約済みの旅行や鳥取県民の鳥取県内の宿泊は引き続き補助の対象となる。

島根県の16日現在の病床使用率は確保病床で43.5%、即応病床で51.3%にのぼっている。まん延防止等重点措置の適用の申請について、丸山達也知事は「まだその段階ではないが、今後の推移次第では視野に入れながら判断していく」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン