/

群馬県、宿泊施設3割で価格上昇 悪質例「確認されず」

群馬県は17日、政府の観光支援策「全国旅行支援」の開始を受けて実施していた宿泊施設の価格動向の調査結果を発表した。回答した宿泊施設の33%が、昨年10月と比べて「値上げした」と回答した。ただ物価高騰や需要動向などを理由に挙げており、いわゆる便乗値上げなどの悪質なケースは「確認されなかった」と県は判断している。

794の登録宿泊施設に10月26~11月4日にメールで調査し、747施設(94%)から回答を得た。昨年10月と比べて、243施設(33%)が宿泊費を「値上げした」と答えたという。

値上げ幅は「1000円以下」が151施設で最多。次いで「1001~2000円」が64施設、「2001~3000円」が18施設だった。

値上げの理由(複数回答)で最も多い答えは「物価高騰」で202施設。「需要動向(46施設)」や「リニューアル(24施設)」などが続いた。

全国旅行支援が10月に始まった後、各地で宿泊料金が上昇。「便乗値上げ」を疑う声が広がったため、群馬県が調査に乗り出していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません