/

この記事は会員限定です

皆生温泉101周年、少人数や地元客に活路 新常態へ

[有料会員限定]

鳥取県米子市にある皆生温泉が少人数旅行者や地元客の利用拡大策を相次ぎ打ち出す。100周年を迎えた2020年はコロナ禍に見舞われ記念事業の中止や延期を余儀なくされたが、仕切り直しの活性化策の一環だ。観光「新常態」も見据え、団体旅行客向けの従来型サービスの転換を進める。

華水亭(客室数79)と皆生グランドホテル天水(同100)を運営する皆生グランドホテル(鳥取県米子市)は団体客向けの設備を少人数向けに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン