沼津信金・鈴木理事長 シェアオフィス通じまち活性化 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

沼津信金・鈴木理事長 シェアオフィス通じまち活性化

信用金庫トップに聞く

[有料会員限定]

静岡県東部を地盤とする沼津信用金庫(静岡県沼津市)。鈴木俊一理事長は日本経済新聞のインタビューに対し「シェアオフィス『ぬましんCOMPASS(コンパス)』を活用し、産学官の力を合わせてまちを活性化させていきたい」と語った。

――地盤としている地域の特徴や課題をどう考えていますか。

「沼津や御殿場の人の流れは新型コロナウイルス禍前の7〜8割まで戻ってきているが、原材料高や円安の影響は大きい。建設業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません